本当に転職しても大丈夫?

 「転職したいなあ」と思うなんて、今時珍しくなくなってきましたよね。原因は仕事の辛さだったり、上司や同僚と反りが合わなかったり、就職してはみたけど思っていたのとは違ったり、人によりけりです。

 さて、いざ転職を行う前にちょっとだけ考える時間を自分自身に与えてみてください。「今の職場で培ったスキルとはなんだろう」ということに対して、落ち着いて、客観的な意見を考えてみてください。

 「こういうことができるようになった」、「この業界について詳しくなり、ある程度やっていける自信がついた」という方は大丈夫でしょう。実力のある方は、そのまま独立してやっていけることもあるでしょう。

 しかし、「特に何を学んだわけでもないなあ」と思ってしまった方、果たして転職することは自分にメリットを与えるでしょうか? まがりなりにもそれまでやってきた仕事が、「時間の無駄だった」ということにはなりませんか?

 「一人前」と呼ばれるまで最低三年、私は今の職場でそう教わって仕事をしております。独立を考えておりますが、それも今の職場で資金と技術を積み立てた上でのこと。途中で転職し、新しい技術を身につけようとしていたら、まだ別の仕事の見習いをしていたかもしれません。

 就職すること自体が少し困難になってきた現代日本。容易に転職することは、私には少々リスクが高いように思えます。転職を行うのなら、自分になにが出来るのかをよく考えてから、ということが前提条件となるでしょう。

 私事ではございますが最近の日常では大阪で看護師転職情報を検索する事が日課になっています。はやく就業できればなあ・・・