仕事による体への影響

以前、出張のために実家を離れることがあり、その際に顔の表面に肌荒れが起きてしまい困った経験があります。

ナースとして慣れない病院での仕事にストレスが溜まったという原因もあると思いますが、今考えてみると食生活の偏りも一つの原因だったように思えます。

というのも派遣先では、一週間ほどの滞在期間、取引先の方と夜遅くまで食事に出かける日々が続きました。男性の方が多いことからカロリーの高いメニューが多く出される飲食店を利用する機会が多く、それに付き合っていたために食生活が偏ってしまったのです。そうして肌荒れを起こしてしまってからは、美肌を作るためにもバランスの良い食生活を心がけるようになりました。

具体的には、食事の中に必ず野菜を摂り入れるようにしました。野菜は肌に必要な栄養素でもあるビタミン類を豊富に持っていますから、食べることで肌のトラブルを事前に抑えることができるのです。さらに果物類も積極的に食べるようにすることで、美白効果があると言われるビタミンCを摂取するようにしています。特にかんきつ類はビタミンCが豊富ですから、スーパーなどで新鮮なオレンジなどを購入して食事後のデザートとして食べることで、体の中に貯蔵することのできないビタミンCを補充するようにしています。

最近は看護師の求人サイトで夜勤の募集案件を探していますが、ストレスの事を考えると昼間の10時から18時くらいの時間に勤務するのもよいかなと思うようになってきました。