「先行投資」せずに、お金を「増やす」ことを考える

お金を増やす、というと「先行投資」ということがどうしても浮かんでしまいますよね。



これは決して、株式を買うとか、不動産投資をするとか、そういう大きな出来事だけではなく、例えば、貯金するために貯金箱を買おうとか、節約するためにプリペイドカードを買おうとか、生活費をクレジットカードで支払ってポイントやマイルを貯めたり、内職するのにPCを買い替えようとか、そういった小さなことでも起こりがちです。



将来の就職のために資格試験の勉強をする、といったような、具体的な道筋がある「先行投資」ならばかまわないのですが、そうではないものの場合、果してどれくらい回収できるものなのか、と自分の今までを振り返ってみると、ちょっと頭を抱えたくなってしまったり。



というわけで、手持ちのお金を増やす、と考える時に、私はまず今できることを考えるようにしています。この時のポイントはあくまでも「増やすこと」を考えること。~を我慢して浮いたお金を、という思考だと、ネガティブな考え方の連鎖に入ってしまうからです。



そのため、私は預け入れ専用の口座をもっています。ちょっとした時に浮いたお金や臨時収入などをいれていくのですが、その口座に「来月◯◯円のお金を増やすために今どうしたらいいか」と考えることで、何通りかの方法がみえてきます。