銀行カードローンを消費者金融カードローン

銀行カードローンと消費者金融カードローンは同じように見えて結構違いがあります。両者の違いはどんなものでしょうか。

まずは手続きの便利さは消費者金融カードローンに軍配が上がります。審査と融資決定までの早さや返済の簡単さなどが消費者金融カードローンが便利です。

しかしながら少額ならばあまり違いのない支払い利息ですが、高額になればなるほど銀行ローンカードの方が支払い利息の額が少なくなり有利といえるでしょう。これは金利の計算方法が銀行カードローンと消費者金融カードローンとで異なるので支払い利息も変わってきます。簡単にいえば銀行カードローンは返済ごとに元金が減っていくのに対し、消費者金融カードローンは元金が減らないことに起因します。

そして最近決定的な違いが生まれました。それは関連する法律が違うと言うことです。銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法が適用されます。2010年6月から施行される総量規制は貸金業法は対象になりますが銀行法は対象にならないのです。ということは消費者金融カードローンは年収の3分の1以上の借り入れは法律上は不可能になりますが、銀行カードローンは総量規制に関係なく年収の3分の1という縛りはないのです。